沢畑のこぶ石 通称「沢畑のこぶ石」と呼ばれている石は、推定310万年から200万年以前、出羽丘陵の葉山が大爆発した際生じた火砕岩である。苔が生え易く古色をもち風情あるため、京阪地方では「出羽のこぶ石」と呼ばれ珍重された。町内では、現在も庭灯籠の笠石や、火袋、また手水鉢等の石材として利用されている。