長屋門 江戸末期に建てられたもので、格子片番所付長屋門(こうしかたばんしょつきながやもん)である。塀の上壁は、京より求めた紅殻(べにがら)を加え加工した物で、復元するときも同じ方法で造られた。当時は、名主武士待遇を受けている者だけが、長屋門をもちいることができた。