金神社  桜町通りの西端、寒河江街道と交叉(さ)するところに、地蔵堂と並んで金神社があります。
 この付近は古来銅屋口と呼ばれ、中世代中条氏が鍛冶師や鋳物師(いもじ)たちを住まわせた職人町の跡であると言われています。

 金神社は、もとは今より南方、渋川のほとりに立派な社殿を構えていたと言われています。

 祭神は、金山をつかさどり、鍛冶の技術や安全の神様とされる金山彦之神(かねやまひこのかみ)と金山姫之神(かねやまひめのかみ)の二神で、鋳物で浮き彫りにされ、板に掛けられています。

 金神社の創建は定かではないのですが、光明院の綸子写(りんずうつし)(荒町の浦木家に伝わる暦応5年(1342)に発令された鋳物師特許状の写し)や、中条氏の入部などを考えると、鋳物師たちの定住と共に勧請されたようです。
 拝殿の鰐口には

「奉納 谷地櫻町銅口 山形勅許鋳物師佐藤金十郎藤原忠国鋳之 享和2年(一八〇二)壬戌」

 と陰刻してあります。佐藤金十郎は寛政年中に谷地八幡宮の大鐘を鋳造しているので、完成を報告し、お礼に鰐口を奉納したものと思われます。

 このことは、天文~慶長期に全盛期を迎え、幾多の名品を残した谷地の銅屋町の活動が終わり、山形では勅許鋳物師たちが梵鐘鋳造などに活躍していたことを示していますが、最上氏が谷地の職人を山形に移したので、谷地鋳物が衰退したという説は定かではありません。