立雛(たちびな)

 雛の発端は和紙でつくられた流し雛から室町期の立雛に始まり、寛永頃全盛期を迎えますが、しだいに装束をまとった座雛へと移っていきます。

寛永雛(かんえいびな)

 江戸時代の寛永期(1624~)に作られた、座雛の始まりといわれる雛です。

元禄雛(げんろくびな)

 元禄期(1688~)には、寛永雛をさらに整えた形の雛が作られました。男雛の冠と頭はまだ一木造で、女雛は天冠を着けていません。

享保雛(きょうほうびな)

 八代将軍吉宗時代の享保期(1716~)頃の雛で、元禄雛の流れを汲み、享保文化の隆盛とともに豪華絢爛を競っていきます。面長の優美な表情に金襴や錦の装束を用いて、男雛は袖を張り、女雛の袴はふくらみをもたせた、大変豪華な作りです。その豪華さから、度々幕府のお触れにより製造が制限されました。

次郎左衛門雛(じろうざえもんびな)

 幕府の御用人形師に迎えられた京都雛屋次郎左右衛門が、有職雛に着想を得て作ったものといわれ、丸顔・引目・おちょぼ口が特徴です。大名家に人気を集め、宝暦期に武家社会で流行しました。

有職雛(ゆうそくびな)

 宝暦期(1751~)頃から作られた雛で、公卿の装束を有職故実(ゆうそくこじつ)に基づいて正しく人形化したものです。装束によって「衣冠(いかん)雛」「狩衣(かりぎぬ)雛」「直衣(のうし)雛」の3種類があります。

古今雛(こきんびな)

 明和期(1764~)頃に、上野池端の大槌屋が原舟月に作らせたものが始まりといわれ、写実的な容姿と見た目のきれいな装束で流行し、現代雛の原型といわれます。当初は木地彫に切り目でしたが、需要の増加とともに彫塑に改良され、両眼に瑠璃玉(ガラス)をはめ込んだものもあります。

御所人形(ごしょにんぎょう)

 江戸中期から、宮中で愛玩用や贈答用に作られたといわれ、木彫や桐塑の本体に真っ白な胡粉を塗り重ねています。大きな頭に丸々とした幼児の姿をしています。

随臣(ずいしん)
五人囃子(ごにんばやし)

 江戸後期、壇飾りの様式がにぎやかになってくると、内裏雛の添え雛として作られたといわれます。

竹田人形(たけだにんぎょう)

 大阪の人形浄瑠璃、竹田座の操り人形を模して作られたので竹田人形と呼ばれます。歌舞伎の場面を表現した釣り目、への字の口元、肢体のひねりなど特徴があります。

三人官女(さんにんかんじょ)

 江戸後期、内裏雛の添え雛として飾られるようになります。中央の官女は留め袖の既婚者で嶋台を持ち、両脇は振袖の未婚者で銚子を持ちます。

享保雛

槙久右衛門家寄贈
 面長の優美な表情で、男雛の袍や女雛の表着は、錆朱糸で統一した金襴を用いています。倹約令以前に作られた豪華絢爛を極めた雛で、男雛は65cmの高さがあります。

次郎左右衛門雛・直衣雛

大橋弌峰氏寄贈
 京都の人形師、初代大橋一峰氏による作品です。実物同様に織った衣装に金糸を施した精緻な人形です。平成17年に二代目大橋一峰氏により寄贈を受けました。