寛政頃(1789~1800)に京都で作られ、後世に雛壇に添雛として登壇することになる。随身は申すまでもなく御所の警護にあたった近衛兵で、弓矢・太刀をつけています。