神雛(紙雛)とも称し、平安時代のひいな遊びとお祓いの形式が、時代の流れで結ばれた。雛の発端は和紙でつくられた流し雛から室町期の立雛に始まり、寛永頃全盛期を迎えますが、しだいに装束をまとった座雛へと移っていきます。

(河北町所蔵)