江戸後期、内裏雛の添え雛として飾られるようになります。中央の官女は留め袖の既婚者で嶋台を持ち、両脇は振袖の未婚者で銚子を持ちます。

(鈴木家蔵)