上杉鷹山の時代、家臣の相良清左衛門厚忠の手によって、余技として作られたのが始まりです。江戸時代後半の庶民文化とほのぼのとした情感を持つものとして受け継がれて来ました。相良人形は粘土で型抜き、乾燥、素焼きのう胡粉で素地を整え、顔を描いてから彩色します。