おぼこは「おぼこい」の語源から来ていて、愛らしい童女を表す言葉である。往時の「天児」の姿を受け継ぐものとされ変わり雛の一つである。