享保雛の様式が確立する以前の雛という意味から、古式享保雛と呼ばれているお雛様です。表情はやや素朴さを残し、男雛は頭部が冠と共作り(一体成形)になっている。

(國井家蔵)