幕府の御用人形師に迎えられた京都雛屋次郎左右衛門が、有職雛に着想を得て作ったものといわれ、丸顔・引目・おちょぼ口が特徴です。大名家に人気を集め、宝暦期に武家社会で流行しました。

(紅花資料館蔵)