江戸中期から、宮中で愛玩用や贈答用に作られたといわれ、木彫や桐塑の本体に真っ白な胡粉を塗り重ねています。大きな頭に丸々とした幼児の姿をしています。