江戸後期、壇飾りの様式がにぎやかになってくると、内裏雛の添え雛として作られたといわれます。

(細谷家蔵)