元禄期(1688~)には、寛永雛をさらに整えた形の雛が作られました。男雛の冠と頭はまだ一木造で、女雛は天冠を着けていません。

(紅花資料館蔵)