9月9日、重陽の節句にお雛様を飾ることをいいます。

3月3日の節句に飾る雛に対して後の雛と呼ばれました。

江戸時代、貞享・元禄の時代が始まりだと思われます。重陽とは、陽(奇数)が重なる日、そして、奇数の中での1番大きな陽数「九」が重なるという意味だそうです。奇数は良いことを表す陽数です。

重陽の節句は邪気を祓い、長寿を願って菊の花を飾ったりしてお祝いをする五節句のひとつです。

9月の重陽の節句は、8月朔日などに行われましたが、春の雛まつりのように一般的に行われたのではなくいつしか廃されてしまいました。