谷地の雛市は約500年の昔、谷地には毎月十八もの市が立ち、大変な賑わいを見せていました。そのうち、谷地城主白鳥十郎長久公が開いた旧暦3月2日の市がちょうど雛の節句にあたるもので、いつしかそれが「節句市」、「おひな市」とよばれ、今日に至っています。