生花、ドライフラワー(観賞用)
干紅花(薬用、嗜好品、茶、酒)
紅色素(着色剤、化粧用、染用、薬用、美術用)
黄色素(着色剤、染用、美術用)

紅花油(食用、薬用、塗料、紅花墨)
絞り粕(肥料、飼料)

(食用、茶)

(茶、飼料)

 紅花の花弁に含まれる色素には水に溶けるサフロールイエロー(黄色)と水に溶けないカルタミン(紅色)があり、ともに染料とされます。

 純度の高いカルタミンを口紅としてぬれば、唇の荒れを防ぎ血行をよくし、紅で染めた布を肌につけると体が温まるというので腹巻き・たび・ゆもじ・腹帯に使用しました。出羽三山参りの行者の腹巻きにも紅花染めが使われたといいますし、冷え性の婦人に薬効があるというので、花を陰干しして煎じて飲んだりしました。

 紅花の種子からは、血管壁についたコレステロールを除く働きを持ち、高血圧予防に効果があるとされているリノール酸を含む良質のサフラワー油がとれます。サラダ油・天ぷら油・マーガリン等の食用油として使われています。また、種子の油を用い、その際に出るすすで紅花墨という上質の墨が作られます。

 若い茎葉は上等の野菜となり、花は活花やドライフラワーとして使われます。