精製法11.紅餅をきざんで、一晩水に浸す。木綿の袋に入れ、よく揉んで黄汁を洗い捨てる。
 

 

 

精製法22.ザルに移し、灰水(あくみず)をかけ、紅汁を取り出す。紅汁に梅酢を加え紅を発色させる。

 

 

 

精製法33.青苧布(あおそぬの)を紅汁に浸し、浸し染めと手絞りを何度も繰り返し紅を布に付着させる。

 

 

 

精製法44.紅が付着した布(これを「ぞく」という)を水洗いして、これに煮えた灰水をかけ、紅の色素をとり出す。

 

 

 

精製法55.この紅の色素に再び梅酢を加え、絹布を敷いた紅舟に流し込む。

 

 

 

精製法66.これを何回もくりかえし、絹布に沈殿した紅をすくい、瀬戸の容器(紅皿)に集める。