1. 花びらを摘む(花の色が黄色から山吹色に変わり、朱色が指した頃)。
  2. 水あらいする。
  3. 軽く絞ってビニールの袋に入れて密封する。
  4. 一昼夜のちに取り出し、すり鉢ですりつぶす。
  5. すりつぶした花を固く絞って銭状にし、一週間から十日間、風通しのよい日陰で乾燥させる。これを紅餅という。
  6. 紅餅(染める布の量と同量の紅餅が必要)を木綿の袋に入れて一昼夜水出しする。
  7. 一昼夜過ぎると水が黄色になる。漬けこんだ袋をしぼって、取り出す。この最初の黄色の液が黄汁染の染料となる。
  8. 再度水を取り替えて、5時間ぐらい漬けこみ、もみ出して、絞り出す。これを1日、3回繰り返す。
  9. 番の工程を黄色の液が出なくなるまで一週間ぐらい繰り返す。
  10. 薬局で市販している炭酸カリの8%の溶液を作り、先程の袋をつけこむ。
  11. 10分毎にもみ出し、30分後に絞る。
  12. また新しい炭酸カリ8%溶液に11番の工程を繰り返す。
  13. 12番の工程をもう一度繰り返し、都合3回分の液を作る。
  14. 3回作った液を一緒にする。これが、紅染をする紅汁の染料である。
  15. 染める布を水に漬けて、かるく絞る。
  16. その布を先程作った染料に浸して染め始める。
  17. 5分後に薬局で市販しているクエン酸の10%溶液を湯呑み茶碗一杯分作り、染めている布を取り除いてから少量(杯2杯)ずつ入れて布を浸す。
  18. 17番の工程を湯呑み茶碗一杯分のクエン酸がなくなるまで繰り返す(少量ずつ入れるのはムラ染めを防ぐためである)。
  19. 漬けっぱなしにしないで、時々動かしながら染めるのがコツ。
  20. 赤色の液が黄色に変わってきたら、布を取り出す。
  21. 新たにクエン酸10%溶液を布が浸かるくらいの量だけ作り、10分間漬けこんで色止めする。
  22. 布を取り出して水洗いをし、陰干しする。