学名〈Carthamus Tinctorius L.〉1753年にリンネにより命名
 (Carthamus=アラビア語の染める Tinctorius L.=ラテン語の染色用の)

【双子植物綱-合弁花亜綱-ききょう目-きく科-きく亜科-管状花族-あざみ類-やまくぼち亜類-ベニバナ属(20種)】

 草たけ0.5~1.2m、葉は硬く、互生し、深緑色、広皮針形で先がとがり、ふちに鋭いとげ状のきょ歯があり、7月上旬アザミに似た鮮黄色の花をつけ、花弁はやがて赤色に変化します。花は茎頂につき、管状花で径2.5~4.0cm、長さ2.5cmくらいの頭花をつくり、最初に開花するのが主茎頂花で、ついで各節の第1次分枝頂花が開花、その後第2次分枝が開花します。総苞は外側のものが大きく、葉状となり(包葉)、ふちにとげがあり、そう果(子実)は白色で、光沢があり、長さ6mm、冠毛は非常に短く、8月上旬に成熟期に達します。茎の太さは7~8mmで7~15本くらいの分枝が発生し、根は直根性の太い根が発達し、移植を嫌います。

 染色資料、口紅などの化粧品として栽培されています。