紅花船の帰り荷として、上方の紅染衣装や雛人形などが、酒田から最上川をさかのぼって、当地の人々の暮らしを豊かにしました。これらの品々とともに、「京ことば」も移入されました。最上川は交易の道であり、文化の道でもあったのです。

 

京ことば辞典 意味 山形県方言辞典
アッチャコッチャ あべこべ
さかさま
反対
アッチャコッチャ
アンジュ 尼僧
尼さん
アンジュ
アンジョ
イシナゴ 小石
砂利
イシナゴ
イシナンコ
インキョ 離れ座敷
分家
インキョ
エンキョ
ウルカス 水に浸して水分を吸収させる ウルカス
オーキニ たいそう
ありがとう
オーキニ
オシズカニ 別れるときのあいさつ オスズガニ
オツケ お汁 オヅゲ
オバンデス 晩のあいさつ オバンニナッタナシ
カッチャイ 裏返し
さかさま
カッチャエ
カッチャ
カタマエサガリ 着物の左右の裾が揃わぬさま カタマエサガリ
カナ 木綿糸 カナ
カンナ
カマス 刻みタバコを入れる袋 カマス
クチベラ クチベラ
クチビラ
ゴショイモ じゃがいも ゴショイモ
ゴショーイモ
ゴモクタ ごみ
もくた
ゴンモクタ
コンニャ 今夜 コンニャ
サカイ 理由をあらわす「から」 サゲ
サゲテ
ハケ
シナコイ 柔軟な
しなやかな
シナコイ
スナコイ
シマツ 節約
倹約
シマツ
スマヅ
シミル 凍みる シミル
スミル
シャル ~なさる シャル
センド 先日
以前
センド
センドナ
ゾーヨー 雑多な費用
雑費
ゾーヨ
タズク つかまる
しがみつく
タズグ
タグヅグ
ツッパリ 心張り棒
つっかい棒
ツッパリ
ツッパリボー
ツルツル うどん
そうめん
ツルツル
ツォロツォロ
テンコモリ 山盛り テンコモリ
ドーブク 綿入り羽織 ドーブク
ドンブク
トノグチ 家の入り口 トノグツ
ナガチョロイ 細長い ナガチョロイ
ナガペロエ
ニギニギ 握飯の幼児語 ニギニギ
ニキニキ
ネッカラ 全然
一向に
もともと
ネッカラ
ノー 終助詞「ね」 ノー
ハヤス 野菜などを細かく刻む ハヤス
ヒボ ヒボ
シボ
ヘゲル はがれる
はがれ落ちる
ヘゲル
ヘガレル
ベチャコイ 平ったい
平べったい
ニペッタラコイ
ボウ 追う
追いかける
ボウ
ホーケル 惚ける
もうろくする
ホーケル
ホロケル
ホコエル 草などが成長する ホゲル
ホキル
ホギル
ホダレ つらら ボーダラ
ボンダラ
ボンガラ
ホンニ 本当に ホンニ
ホニ
ボンノクソ 盆の窪 ボンノクド
ボンヌグド
マクレル 倒れる
転げ落ちる
マクレル

参考文献
井之口有一
堀井令以知 『京ことば辞典』 東京堂出版 平4
山形県方言研究会 『山形県方言辞典』 昭45