紅花は朝鮮から伝えられたといっても、単に種子と栽培法だけが入ってきたのではなく、同時に生花から紅餅をつくり、それから鮮やかな紅をとり、美しい紅染を染めあげる技術をもった人たちも一緒に渡ってきたことであろう。紅花の伝来は新しい染織文化の輸入だったのである。

 紅の美しさは当時の貴族たちを魅了したことであろう。今も残っている正倉院御物(きよぶつ)の「鳥毛立女屏風」の美人や、奈良薬師寺の「吉祥天像」、同法隆寺の金堂壁画の「菩薩像」など、いずれも口紅や頬紅で化粧している。それらは紅花が上流貴族たちの心をとらえ、その生活をいろどったことの現れである。

 紅花の美しさに魅了された貴族たちは、早速、衣服の染織を本務とする役所をつくった。大宝元年(701)に完成した「大宝令」によれば、大蔵省の中に織部司(おりべのつかさ)という役職をおき、その下に染戸を設け、宮内省の内染司(うちぞめのつかさ)という役職の下に染師をおいて、染織の仕事に当たらせた。

 また、平安時代になってから、政治のやり方をまとめた「延喜式(えんぎしき)」(全50巻)という本がある。これは康保4年(967)にできた養老律令の細かいことを定めたもので、第14巻「縫殿寮(ぬいどのりょう)」という所に、衣服や紅染についてくわしい記録がある。もっとも、その当時の染色には、紅染のほかに紫染や藍染(紺染)もあったが、紅染が貴ばれていたことは確かである。

 紅染は我が国に伝えられると間もなく、国の正式な制度の中で実施されたのである。