山形や谷地で集荷された紅花は京都へ送られた。それでは、その輸送経路はどうであったろうか。

 荷主のもとで1梱4貫目に梱包された干花は、大石田まで駄送され、大石田から舟に積んで最上川をくだし、いったん酒田で陸揚げした。酒田から大きな海船に積み替えて敦賀に陸揚げし、敦賀からは駄送して琵琶湖北岸の塩津か海津に運び、そこから船に積んで琵琶湖を渡して大津に送り、大津から淀川をくだして京都に送るというのが、お決まりの最上紅花の輸送経路であった。

 幕府領や各藩の年貢米は江戸か大坂へ送ったが、その場合は酒田を出た海船は日本海を南下し、遠く下関を廻って瀬戸内海にはいり、そこから太平洋に出て江戸へ行くという、いわゆる「西廻り航路」をとった。陸上を輸送するよりは、海上を輸送する方が遙かに効率的であるが、紅花は貴重品なので一部駄送しても採算が取れたのである。

 輸送途中の大石田・酒田・敦賀・塩津(海津)・大津にはそれぞれ荷主となじみの問屋があり、荷主は紅花の銘柄・数量とともに手板に各地の問屋名を書き、それに全行程の概算運賃を添えて発送した。各問屋では所定の運賃を差し引いて次の問屋に送り、過不足は最後に京都の紅問屋で紅花代金とともに精算した。

 この地方の紅花は大石田まで駄送して、大石田から舟に積むのが習慣で、この点が最寄りの船着き場から川舟に積み込む米の輸送と違っていた。それは紅花の駄送によって、天童・楯岡・尾花沢などの宿駅を保護する、というねらいがあったためである。