官位十二階の制度は、推古天皇11年(603)12月に聖徳太子が創案したものといわれます。

 この制度は、色の異なる冠を用い、朝廷における席次を定める制度です。その順次を十二階にわけ、名称は、大小の徳・礼・信・義・智でこれにそれぞれ紫・青・赤・黄・白・黒に染めた冠をあてています。

ものと人間の文化史、「いろ」より