紅花交易 このようにして生産された紅花は、京都や大阪へ移出されました。

 寛文年間(1661~1673)幕府の命を受けた河村瑞賢の差配などもあって、江戸・大坂への物資の輸送が最上川を利用した酒田出しになると、産物の流れがおのずと関西方面に移り、京都・大阪には近江商人や伊勢商人が定住し、最上の商人たちも最上店(だな)や谷地店(だな)と呼ばれる、いわば出張店を持つようになりました。当地方物産である米・紅花・大豆・青苧(あおそ)・漆・まわた・油などを移出した、その帰り荷として、関西方面から呉服地・繰り綿・瀬戸物・塩・砂糖・小間物等が運び込まれました。

 特に調度品・絵画・書籍・京人形などの美術工芸品が数多く移入され、現在貴重な文化財として町内に数多く保存されています。