観る

2018年5月24日、文化庁は日本遺産を新たに13件認定し、発表しました。 その中の一つが「山寺が支えた紅花文化」です。 「行く末は 誰が肌ふれむ 紅の花」(松尾芭蕉) 「まゆはきを俤にして紅粉の花」(松尾芭蕉)...

詳しくはこちら

紅花資料館

 この資料館は、近郷きっての富豪だった堀米四郎兵衛の屋敷跡です。屋敷の総面積は約80aで、かつては土蔵が6棟、板倉が7棟もありましたが、老朽化が甚だしく、母屋をはじめ多くの建物が整理され解体されてしまいました。この屋敷には武器や生活用品およ...

詳しくはこちら

国の重文「林家舞楽」を保存し、2kmにも及ぶ御輿渡御行列・凱旋奴・囃子屋台巡演が繰り広げられる、例祭の「どんがまつり」は地方随一を誇ります。元旦の歳旦祭・初詣でに始まり、夏祭のきゅうり天王祭、茅の輪くぐり、秋9月の例祭どんが祭り...

詳しくはこちら

山形県はさくらんぼの生産量が全国一。河北町は生産量が年間約1000トンに上り、町としては全国トップクラスだけど知名度があまりないため、サクランボ盗難が減るように設置しました。石でつくったサクランボをご神体として祭ってます。 ...

詳しくはこちら

谷地の雛市は約500年の昔、谷地には毎月十八もの市が立ち、大変な賑わいを見せていました。そのうち、谷地城主白鳥十郎長久公が開いた旧暦3月2日の市がちょうど雛の節句にあたるもので、いつしかそれが「節句市」、「おひな市」とよばれ、今日に...

詳しくはこちら

河北美術クラブ18名の絵画を展示中! 展示期間 5月11日~7月31日 場所 紅花資料館 紅の館2階 入館料 ●個人入館のお客様 大人 400円 高校生 150円 児童生徒 70円 ●団体入館のお客さま(20...

詳しくはこちら